作画崩壊で話題になったアニメ、ダイナミックコード。この記事では、ダイナミック作画を中心に動画まとめやネット民の反響をお届けします。

ダイナミックコードとは

ダイナミックコードとは、Windows・PSVitaの乙女ゲーム『DYNAMIC CHORD』(通称ダイナー)。作画崩壊が話題ですが、実はゲームから誕生しました。

ダイナミックコードのゲームの内容

音楽事務所兼レコード会社の「DYNAMIC CHORD」に所属するバンドのメンバーと恋愛する乙女ゲームです

過激なシーンもあるためPSVitaのCEROはC(15歳以上)~D(17歳以上)とされています。

[rêve parfait] (レーヴ パッフェ)、Liar-S(ライアーズ)、KYOHSO(キョーソー)、apple-polisher(アップル ポリッシャー)の4つのバンドのメンバーと恋愛するシミュレーションゲームです。

ジャンル 恋愛、音楽

(甘く激しく魂震えるバンド恋愛ADV

対応機種 WindowsPlay Staion Vita(アスガルド)

iOSAndroid(アリスマティック)

開発元 Honeybee black
発売元 アスガルド

アリスマティック

キャラクターデザイン 冨士原良
シナリオ エッジワークス他
発売日 20141226

ダイナミックコードのアニメの内容

201710TBS系列で放送した『DYNAMI CHORD』。注目度の低い作品でした。ただ、作画崩壊や支離滅裂な脚本などアニメの問題が大きいために注目を集めます

ちなみに、ゲーム版との違いですが男女の恋愛要素がなく時代背景も異なる点が特徴です。

原作 アスガルド
監督・シリーズ構成 影山楙倫
キャラクターデザイン 梅津泰臣
音楽 兼松衆
アニメーション制作 studioぴえろ
放送期間 201710月~12
話数 12

ダイナミックコードの声優陣

ダイナミックコードは出演する声優陣の豪華さもポイントです
よく「声優に全振りしすぎた」と言われますが、たしかに声優側の予算が膨大になり低予算で作画を仕上げたのが作画崩壊の原因ではないかと言われています。

キャラ名 声優
香椎玲音 江口拓也
百瀬つむぎ 木村良平
月野原久遠 鳥海浩輔
香椎亜貴 広瀬裕也
檜山朔良 寺島拓篤
珠洲乃千哉 岡本信彦
結崎芹 柿原徹也
榛名宗太 斉藤壮馬
城坂依都 森久保祥太郎
英 時明 立花慎之介
黒谷 優 石川界人
諏宮篠宗 八代 拓
天城成海 蒼井翔太
音石夕星 櫻井孝宏
青井有紀 中島ヨシキ
黒沢 忍 梅原裕一郎

ダイナミックコードの作画崩壊まとめ

ダイナミックコードの作画崩壊(通称:ダイナミック作画)についてまとめました。

ダイナミック作画とは

ダイナミック作画とは、アニメのダイナミックコード内で起きた近年まれに見る過度な作画崩壊のこと

ダイナミックコードがTwitterや5ちゃんねるを中心に話題になった理由です。

ニコニコ動画で見るダイナミック作画まとめ

ニコニコ動画に掲載されているダイナミック作画をまとめました。これを見れば、ダイナミックコードの作画崩壊のひどさがよくわかるはずです。

KYOSHO編

ダイナミックコードKYOSHO編

ニコニコ動画で見る

止め絵による演奏シーンやドヤム、伝説の追いピアノなど、ダイナミック作画が凝縮されているKYOSHO編のまとめです。

追いピアノとは

KYOSHOからYORITOが脱退するときに流れた、音階をずらしただけのピアノのシーンのこと。週刊誌でKYOSHOの脱退が報じられるのですが、多くの視聴者があまりに下手なピアノに「ミスではないか」と話題にしていました。しかし、ダイナミックコードの作画崩壊の序章に過ぎなかったのです…。

ダイナミック構図(1~6話)

ダイナミック構図まとめ

ニコニコ動画で見る

「こち亀アングル」と言われる角度からの描写、顔のアップが多すぎる、風景スライドなど、ダイナミック構図の基本がよくわかる動画まとめです。

ダイナミックコード内の危険運転・自動車の描写

ダイナミック交通違反

ニコニコ動画で見る

白線や車線を無視した運転、タイヤが一切動かない車・バイク、伝説のダイナミックシートベルトなどが収録されています。

ダイナミックシートベルトとは?

天井から吊り下がったり、座席のおかしな位置に設置されているシートベルトのこと。通常の自動車では考えられないシートベルトの位置が話題になりました。

ダイナミック作画へのネット民の反応まとめ

ダイナミック作画のネット民の反応を見てみましょう。「見る抗うつ剤」と呼ばれるほどの爆笑シーンが話題になりました。

作画崩壊が逆に面白いとして広まる中で、さまざまなパワーワードが誕生しました。
ダイナミックシートベルト、ダイナミックカフェ、ダイナミックバード、Why字路など。

ちなみに、ダイナミックバードはアニメ『ポプテピピック』の作中およびLINEスタンプにも登場しています。

ダイナミックコード作画監督への謝罪要求

アニメ版ダイナミックコードの作画監督・櫻井司氏のツイートはプロとしてあまりに無責任であるとして炎上・謝罪要求の騒ぎに発展しました

change.orgでのダイナミックコードへの謝罪

引用:change.org|アニメDYNAMIC CHORD作画監督・櫻井司氏への謝罪とツイート削除の要請

作画崩壊という形で盛り上がったアニメですが、多くの原作ファンは喜んでないはずだということから謝罪を要求したファンがいます。
アニメ公式の作画監督・櫻井司氏に対する謝罪がまるでないことは問題かもしれません。

ダイナミック作画が円盤で修正

ダイナミック作画で話題になったダイナミックコードですが、BD/DVDなどの円盤で発売されました。作中の多くの作画崩壊シーンが修正されたようです。

Why字路の修正

逆車線の道路を修正

作画崩壊のないダイナミックコードなんて…というネット民の反応も見られます。

ちなみに、円盤の売上は初動580枚だったそうです。『キリングバイツ』や『食戟のソーマ3期』の初動売上よりよかったので、マニアの間では「検討したほうではないか?」と言われています。

他の作画崩壊アニメまとめを見る