けいおん!1期の5話を考察!Twitterの反響とあらすじ・ネタバレ

この記事のライター

みそこ

みそこ

ゆるゆる日常系から鬱展開のバトル系までアニメならなんでも見る雑食です。銀魂、僕のヒーローアカデミア、けいおん、PSYCHO-PASS、エウレカなど。一度はまると延々とリピート再生するタイプ。

軽音部がライブを行う学園祭が近づいてきました。しかし、実は軽音部は部活動として認められていないことや、顧問の不在などが判明します。4人は顧問を見つけて部活を続けられるのでしょうか?気になる5話です。

けいおん!1期の5話のTwitterでの反響

澪が見つけたダンボールから出てきた1枚の写真。けいおん!1話から優しい音楽教師として登場していた山中さわ子の過去がついに明かされます。Twitterでの反応をチェックしてみましょう。

みそこ
みそこ
黒歴史に怯えるさわ子先生に思わず笑ってしまいました!

みそこ
みそこ
クールに見える澪があんなに可愛い作詞をするとは思いませんよね。

みそこ
みそこ
澪の作詞がどんな曲に仕上がるのか、必見ですよ!

けいおん!1期の5話のあらすじ・考察を解説

過激なデスメタルを演奏していた昔の軽音部。過去の部員の写真から、顧問決定までの流れは必見です。コメディ要素の強い5話ですが、軽音部で初めてのオリジナル曲の歌詞が完成するなど、4人の成長も見逃せません。

顧問がいない軽音部

過激なファッションに身を包んだ女性の写真を眺める律と唯。どうやら昔の軽音部の写真のようだ。

唯はギターの練習中に指を怪我してしまう。音楽教師の山中さわ子は手際良く唯の指を手当する。

紬は学園祭のステージを借りるための申請に行っていた。だが、軽音部がクラブとして認められていないことが今さらながら判明。申請は却下されてしまう。

部として認められていないことに驚く律。生徒会に所属する和に調べてもらうものの、やはり部活のリストに軽音部の名前は無い。和の指摘により、律は部長として部活申請用紙を出し忘れていたことを思い出す。

「私がなんとかしたげるわ」と申し出てくれる律。部員は4人揃っているが、顧問がいないことに気づく。

さわ子の過去

さわ子に軽音部の顧問になってくれるように頼む唯、律、澪、紬の4人。だが、吹奏楽部の顧問をしているからと断られてしまう。

さわ子をじっと見つめていた唯が、ふいに「先生、ここの卒業生ですよね?」と言い出す。先ほど見ていた写真は、軽音部時代のさわ子だったようだ。

8年前、さわ子は告白した相手の「ワイルドな女の子が好き」という言葉を真に受け、好みの女性になろうと音楽を始めた。しかし、徐々に過激なデスメタルへとエスカレートした結果、再び振られてしまう。

過去をバラすという律の脅しによって、さわ子が軽音部の顧問に就任した。4人は演奏を聴いてもらうが、ボーカルがいないこと、歌詞もまだできていないことを指摘される

夜。澪は自室で机に向かい、歌詞作りに挑戦している。

澪の作詞

翌日。出来上がった歌詞を見た律とさわ子は、澪のイメージを裏切るようなきゃぴきゃぴとした歌詞に衝撃を受ける。律は反対するが、唯と紬、それに自分のイメージアップを狙うさわ子によって、澪の歌詞が採用される。

作詞者本人である澪が恥ずかしがったため、ボーカル担当は唯で決定。ギターと歌を同時にできない唯のために、さわ子が特訓を申し出る。

軽音部の部室にやって来た和には、ボーカルは唯、曲目は「ふわふわタイム」として報告。そこに特訓を終えた唯が登場。ギターの腕は上達したが、練習しすぎて声が枯れてしまっていた。

ボーカルの変更は今日中にしなければいけない。唯が歌えなくなったことで、歌詞を覚えている澪がボーカルに指名される。学園祭まであと3日だ。

みそこ
みそこ
さわ子先生の黒歴史爆発が楽しめる回。美人で優しいさわ子の急変、可愛すぎる澪の作詞などギャップが印象的。

けいおん!1期の5話の舞台・聖地

けいおん!期5話の聖地です。写真を取り戻すためにさわ子が駆け抜ける廊下のモデルにもなっています。

・豊郷小学校(校舎、廊下など)

けいおん!1期の5話の動画を無料で視聴する方法

冒頭の写真を思わず見返したくなったら、u-nextでチェックしてみてください。見たいシーンを何度でも再生できるので、繰り返しの視聴にもおすすめです。無料トライアルなどの便利なサービスも充実しています!