けいおん!1期の13話を考察!Twitterの反響とあらすじ・ネタバレ

この記事のライター

みそこ

みそこ

ゆるゆる日常系から鬱展開のバトル系までアニメならなんでも見る雑食です。銀魂、僕のヒーローアカデミア、けいおん、PSYCHO-PASS、エウレカなど。一度はまると延々とリピート再生するタイプ。

部活から少し離れ、番外編として軽音部の日常がていねいに描かれます。寒さが厳しい冬の日に、部員達はそれぞれどうやって過ごしているのでしょうか?お気に入りのキャラクターの日常をチェックしてみてください。

けいおん!1期の13話のTwitterでの反響

いつもより少し落ち着いた雰囲気でストーリーが進む13話について、Twitterでの反響を確認してみましょう。カチューシャを取り、前髪をおろした律の可愛さに驚く人も多いようです。

みそこ
みそこ
いつもと少し違う「けいおん!」として必見の番外編ですよ!

みそこ
みそこ
前髪をおろした律は珍しいですよね。

みそこ
みそこ
ギターだけではなく手袋にも名前をつけていたとは驚きです。

けいおん!1期の13話のあらすじ・考察を解説

13話では軽音部の部員達の日常が描かれます。別々の場所で過ごす日曜日。仲間から離れてバイトに挑戦してみる紬や、子猫をおそるおそる可愛がる梓、ラブレターにどきどきする律の表情も要チェックです。

ちょっとした変化

冬がやって来た。寒いと言いながら部室にやって来る唯と、お茶をしている軽音部。

唯は手袋をしたままギターを弾こうとするがうまくいかない。いつも元気な律はぼんやりしていて様子がおかしい。

次の日曜日は一緒に鍋をしようと提案する唯。だが、紬は用事、律は弟と映画、澪は作詞、梓は家から出られないからと断られてしまう。

下校途中に曖昧な態度で「ちょっと」と離れていく紬を見て、彼氏でもできたのかなと唯と澪は噂する。横で聞いていた律の頬が赤くなる。

唯とも別れ、澪と律だけになった帰り道。澪はいつも通りにおしゃべりをするが、律は上の空だ。

それぞれの冬の日

日曜日。自宅のポストを確認して、あたりを見回す律。

自宅にいる梓は友達に預かった子猫の面倒を見ている。紬はファーストフード店でタイムカードを押して感動する。車窓の景色を眺めている澪は、作詞のために出かけたようだ。

自室に戻った律は鞄から手紙を取り出して読み始めた。「前髪をおろした君の姿を見てみたい」と書かれた手紙に、いつもしているカチューシャを取ってみる。

梓は子猫に懐かれ、紬のバイトも好調だ。海に辿りついた澪は作詞を始めた。唯は憂と一緒にスーパーで鍋の買い出しをしている。

澪は良い詞が浮かばず、冷え込む海で後悔をし始めた。弟と出かけた律は店先の窓に映る自分の姿を気にしている。バイト中の紬は失敗してしまい、泣きながら謝る。梓は子猫が吐いていることに気づいて愕然とする。

いつもの日常が続く

それぞれうまくいかない澪、律、紬、梓に、唯から呑気なメールが届く。子猫に吐かれて切羽詰まった梓が電話で助けを求めると、唯はすぐに梓の家へと向かう。

梓の自宅にて、子猫は落ち着いた様子で眠っている。猫はよく吐くものと知らなかった梓に、唯はマシュマロを差し出した。澪、律、紬の3人から唯に返信が届く。

紬がバイト中のファーストフード店に集まる軽音部。梓は友達に子猫を返し、澪も海から戻ってきた。

「郵便受けに入れた歌詞どうかな」と切り出す澪を、驚いて見返す律。律がラブレターだと思っていた手紙は、澪の歌詞だったようだ。

部室。手の大きさで盛り上がる軽音部。武道館のステージに立つためにがんばろうと、いつもの1日が賑やかに続く。

みそこ
みそこ
淡々と進む日常回だが、ラストはみんなで楽しく盛り上がる。マイペースな唯が部員達の心の支えにもなっていることがわかる。

けいおん!1期の13話の舞台・聖地

13話の聖地として、下校中の澪と律が歩いた道のモデルを紹介します。

・白川通

けいおん!1期の13話の動画を無料で視聴する方法

しっとりとした雰囲気が楽しめる13話は、何度見返したくなること間違いなし!無料トライアル期間もあって使いやすいu-nextは、けいおん!1期をまとめて視聴したいときにもおすすめです。